So-net無料ブログ作成

奥会津 只見川の旅 その7 = 霧と星と流星を! = [旅行・探訪]

 
No.4725(So-net 2437+Diary 2288) 2017年Blog WebDiary Since 2002



奥会津 只見川の旅 その6= 三島町で都会と過疎の町を考える =

いまGarmin Watch(ブログ) の睡眠の詳細を見ると
8月11日の夜は午後8:04 に寝て、翌日 2:30 に起きてます。

起きて宿の外に出ると、なんと星が見えない!

それでも準備します。

IMG_8180.JPG

写真のPhantom 4 はけっきょく一度も飛ばすことも
機体に触ることなく、車に積みっぱなしでした。

その他、これらの機材を全て持ってとりあえず
道の駅に向かいます。

道の駅がいちばん空が開けてると思ったからですが
着いてみても、やはり

星は見えません!
曇り空のようです。

道の駅では仮眠している車が8台くらいいました。
この車は「第一只見川橋梁」の撮影しに来てるのかしら?

とにかく、宿に戻ってもういちど布団にくるまりました。



8月12日(日) 4:43

もう一度、川霧の確認に道の駅に来ましたが



雲はあっても、川霧はありません。



橋梁の向こうに隠れるように川霧が見えます!
もう少し時間がたとつ、こちらに降りてくるのかも?!

この時カメラと三脚をかついだ人が一人上がってきて
残念そうに戻っていきました。



道の駅から見える「只見川歲時記橋」にも川霧はありません。
仕方ない、道の駅から離れて他の場所を見てみることにします。

そうそ、昨日僕はこの道の駅に4回来たと書きましたが
前日とこの日3時半、4時半、5時半、7時半と5回でした。(笑)



山はこんなに雲で覆われてるのに





手前は只見線です。

この橋梁を最初見たときは廃線かと思ったのです。
じっさい使ってる橋梁です。

6時の電車があるので、それまでに道の駅に戻ります。



ここまでが国道のバイパスで右に三島町が見えます。



山間を流れる只見川の風景は素晴らしいです。

この後もずっとこの風景が続きます。



宮下ダムです。



5:10

只見川にそって川霧を探しに来ましたが

そろそろ道の駅に戻ります。



5:35

写真で見ると、少し川霧が流れてきてます!

クリックして大きく見てください。



5:43

三脚を立てて陣取りします。



5:47

会津宮下駅 会津若松行き 5:57

この電車を待ちます。

左手に宮下駅があります。



2人の方が撮影に加わりました。

一番乗りしてベストポジションを取れて良かったです。

それにしても、二人ともすごい機材です!


P8120326.JPG

6:02

ついに来ました!
左に列車が見えます!

このビューポイントには、列車の通過時間の案内が出てます。
その定刻通りにきました!


P8120344.JPG


P8120379.JPG

列車はなんとこの時スピードを緩めました。

乗ってる乗客のためか、ここで僕らが撮影してるのを知って
僕らのためにスピードを緩めたのか、どっちだろう?


P8120380.JPG

どっちの写真がベストだろ?(笑)


P8120403.JPG

これが最後の写真で
403-326+1=77枚

77枚の中の5枚でした。

川霧に覆われた「第一只見川橋梁」は写せませんでしたが
それでも何か満足感、充足感があったのはなぜだろう?

宿に戻ります。
宿の朝食を早めてもらおう



上が国道のバイパスで、下が只見線です。



6:20

会津宮下駅 会津若松行き 7:33

この列車があるんだけど、撮れるかな~



6:46

宿に戻って「朝食早くできますか?」と聞くと

すぐに用意してくれました!



会計も用意出来て、すぐに出発する事が出来ました。

奥会津のんびり館の女将さん、ありがとう!

お世話になりました!



明日は只見川と只見線の列車と、会津のソースカツ丼で締めくくります!(笑)

只見線の列車とソースカツ丼は明日のこころだ~







nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。