So-net無料ブログ作成

目標があると生きていける!=抗ガン剤治療 第7クール目 = [健康]

 
2019-06-01 No.4911(So-net 2623+2288) 2018年Blog WebDiary Since 2002

P5311085.JPG

抗ガン剤治療、第7クール第1週目に行ってきました。

第7クール、約半年です。長いと言えば長い。
短いと言えば短い。

その間、築地市場もずいぶん変わってきました。


昨日も築地だったのですが貧血で抗がん剤治療が出来ず、
どうりで眠くて、帰ってきて昼寝を1時間半もしてました。

先生は

「抗ガン剤治療はこういう事もあります。
 今回はできなくても、細く長くやる方がいいです。」
抗ガン剤治療は細く長くやる方がいい、と言うけれど・・・ 2019-05-18

前回は貧血で、抗ガン剤治療ができませんでしたが
昨日は無事に治療してきました。

ただ数値が変わりません。
クレアチニンはほぼ横ばい

白血球は前回が1.7 だったのが 5.4 になり
ヘモグロビンは 8.1 が 9.5 になりました。

白血球は基準値内に戻りましたが、ヘモグロビンは以前低いです。
でも、白血球の 1.7 だったのが 5.4 になっただけでも救いです。

ただ、僕の場合は余命2年と宣告されましたが
抗ガン剤が僕に効いたようで、副作用も少なくて本当に助かってます。

今朝も胸焼け、しゃっくり、便秘そして
水がたまったように足が重くなる。

もっと言えば副作用の一番は貧血です。
腎臓の数値も悪くて、まだパイプを外せません。

しかしそれもこれも、たいしたことないです。

僕はいま一番にカメラ片手にどこかに行って撮影したい!

そして気に入った店で美味しいビールと肴を楽しみたい!

そう思うと、元気になるのです!(笑)

ところで!


IkeeRikako.jpg

 東京・碑文谷にある日大水泳部の寮に、最近新たに1枚の集合写真が飾られた。改装されたばかりの美しい日大のプールを背に、あふれんばかりの笑顔をカメラに向ける屈強な男たち。その前列中央で、白と黒のチェックシャツにジーンズ、白いスニーカーを履いた女性がにこやかに笑っている。目下、白血病からの復帰に向け、闘病を続けている池江璃花子選手(18才)である。 (中略)
「この時期に一時退院できるのは、これまでの治療がすべて順調にきている証拠でしょう」(前出・久住さん)
 驚異的な回復の陰には、彼女自身の生命力はもとより、周囲の強力なサポートがあった。とりわけ母親の美由紀さんは、毎日のように病院に通って娘の闘病を支えてきたという。
「いつも大きなキャリーケースを引いて、朝早く家を出ていきます。帰ってくるのはいつも夜10時過ぎなので、相当お疲れのことでしょう」(母親の知人)
池江璃花子、日大水泳部集合写真に笑顔で登場する回復ぶり

今週、素晴らしいニュースが入ってきました。
池江璃花子さんの順調な回復のニュースです。

でもオフィシャルサイトには何も書いてない。
ツィッターにもインスタにも何もない。


池江選手はこの撮影後の5月16日に、インスタグラムでこんな投稿をしている。

《数ヶ月ぶりのストーリー 皆さんたくさんの贈り物、メッセージなどありがとうございます そのうちの1つではありますが、とっても可愛い絵をいただきました。すごく美化されてる気もするけど、似てるなぁと思いました(笑)》

池江璃花子、日大水泳部集合写真に笑顔で登場する回復ぶり

インスタのストーリーにアップしてたみたいです。
ストーリーは数多くて見ないことあるから見逃してしまった。(笑)

池江璃花子さんの笑顔をもっと見たい!

さあ、明日はどうするかな?
便秘としゃっくり次第です。(今朝から止まらない(泣))

美味しいビールを飲みに出かけるぞ~
うまくいけば(笑)







nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。