So-net無料ブログ作成

福島市探訪 その1= 会津藩と福島藩 = [旅行・探訪]

 
2019-08-26 No.4979(So-net 2691+2288) 2018年Blog WebDiary Since 2002

いまの日韓関係を論じるときに、海外の人たとえば
欧州人は日本と韓国の歴史や地勢的な違いが分からず

もっと言えば、中国と韓国と日本の違いも分からない。
だから、ましてや日韓関係など理解する人はほとんどいない。

そういう話を聞くにつれても、同じように日本の人もたとえば
バルト三国の違いを答えられないということがあると思うのです。

それは海外の事だとしても日本人が

日本の諸藩の成り立ちや、県民性をどこまで知っているだろう。
たとえば会津藩と福島藩の違いや、違う藩だと言うことも知らず

福島の情景を思い浮かべているのではないだろうかと思うのです。



奥会津 只見川の旅 その4=白虎隊と戊辰戦争とさざえ堂= 2018-08-17

日本を語るとき会津藩は三百近い諸藩のなかでも
歴史的にも燦然と輝き、指折り数える雄藩でした。

それを現地に行って少しは理解したつもりでした。

ところが


250px-Matudaira_Katamori.jpg
松平容保(まつだいら かたもり) - Wikipedia

容保がなぜ京都守護職に就任したのか(させられたのか)

どうしても解せないところがあったのです。



ところが、この本がやっと解き明かしてくれました。

それは徳川二代将軍秀忠の側室に子供が生まれ、ただ
正室の江はヒステリックなまでに秀忠の浮気を監視し

その結果秀忠は生まれた子供を隠すため信州高遠へやり
江が死んだのち、三代将軍家光が秀忠の子供を信州から

会津二十三万石の大名にし、御下問の冷遇を受けて名前を
徳川でなく松平としたのが会津松平家の始まりだったのです。

そうか!徳川の直系が会津松平家の藩祖だったのか?!

容保がなぜ京都守護職になったいきさつは省くがとにかく
会津藩の生い立ちを知れば、戊辰戦争での怨念が理解され

太平洋戦争ですら、戊辰戦争の敗戦の深刻さには及ばない
そんな会津の怨念が日本の歴史を紡いでると分かったのです。

そうしたいくつもの諸藩の歴史が県民性を日本の国民性をも
作り出していると言うならば

何百年と続いた歴史ある会津と比べてはたして

いざ福島市に行くに当たって、福島藩がどうであったのか
全く知らないことに気づいたのです。

会津藩の怨念が福島藩、いまの福島市とどう関わったのか
分からない様が福島市を歩いてみようと思わせたのです。



8月24日(土)

東京駅発8:08の新幹線に乗りました。

やはり田んぼは日本の風景です。
心が癒されます。

P8241594.JPG

友情は素晴らしい。

友は毎日涙にくれてると語ってました。

僕には何も出来ない。

でも、来年にでも



[ 1986] 新野地温泉「 パンツスキー 2010 」記入日時 2010年03月01日

来年にでも新野地温泉に行こう!と話してます。

僕の病気もその頃にはなんとかしたいです。

頑張ります。

友はその頃でもまだ涙してると思います。

でも、それが供養だと思います。

温泉に行こう!



と言うことで、

阿武隈川に面した御倉邸(おぐらてい)にやってきました。



スキーでは福島になんども来ましたが

福島市をこうしてあらためて歩くのは初めてで

それなら県庁があるいったいを歩けば、福島藩

福島市の生い立ちが分かるかもと思ったのです。



すいません!前置きが長すぎたので御倉邸は

明日のこころだ~(笑)







nice!(4)  コメント(3)