So-net無料ブログ作成

浅草六区とホッピー通り = ノスタルジーを味わいに = [勉強・遊び]

 
2019-05-29 No.4908(So-net 2620+2288) 2018年Blog WebDiary Since 2002



江戸文字の 下足札手に どぜう鍋

浅草六区とホッピー通りをご存じですか? 2019-05-28

プレバトの片岡鶴太郎の一句につられて

浅草まで来ました。



ここは伝法院通りを抜けた五差路です。
左の道をまっすぐに行くと浅草六区。

そして右がホッピー通りです。以前は煮込み通りと呼ばれてたらしく
正式名は公園本通り。



ホッピー通りはごらんのように
無数の居酒屋が軒をせり出してます。

かつてここは、朝鮮半島出身の人々の生活の場だったようですが
いまはその面影はありません。



ホッピー通りの中ほどにある「鈴芳」を左に

浅草の小路を探索します。



浅草には小さい道にそれぞれ名前が付いていますが

この小路は名なしのようです。



そして、ここが「いっぷく横町」

六区のすぐ裏手。いや、ここも六区なのかも知れない。



ホッピー通りの「鈴芳」の角を左に曲がり
「いっぷく横町」を抜けると、ここが浅草六区の中心です。

左の登り旗が渥美清、萩本欽一、ビートたけしらを輩出した
寄席の「浅草演芸ホール」

しかし、昭和初期から数多くあった演芸場、ストリップ小屋は
左の「ドン・キホーテ」(大勝館跡=映画館)などに変わってしまいました。

そもそも、浅草六区という名前は


明治政府が浅草寺を中心とした地区を近代的に公園化。それが日本初の都市公園の一つとされる浅草公園となった。浅草公園地を6つの区画に分けたことから、浅草公園地で最も賑わいを見せた繁華街を「浅草公園六区」と呼称するようになった。
六区画のうち一区=本堂周辺、二区=仲見世一帯、三区=伝法院、四区=奥山、五区=花屋敷、六区=見世物移転地に分割したことに由来する。
浅草公園六区 - Wikipedia

ところがいま「浅草六区」という地番はありません。
「浅草演芸ホール」の左手にある

浅草常盤座、浅草松竹座、松竹映画劇場、松竹演芸場などが
再開発され「浅草ROX(ロックス)」になり「ロック」の名前が残ったくらいです。



ところで!
この地図の左下隅に「蛇骨湯」というのが見えますか?

江戸期から続く都内屈指の歴史ある銭湯なのですが
なんと!
今月、令和元年5月末で閉店になってしまうのです!

蛇骨湯(じゃこつゆ)



横道にそれましたが
それにしても、浅草はどんどん変わっていきます。

いまです!

いま見て、訪ねて、味わっておかないと
昭和、平成の名残がなくなってしまうかも知れないのです。

という事で、ホッピー通りです。(笑)

IMG_3220.JPG

ホッピー通りの入口から順に見ていきます。



まずは、写真が半分切れてますが

「とんちゃん」食べログ情報なし。珍しい

とんちゃんの先が黄色のひさし



高橋です!

ところがこの時間 9:11

バイクが止まってて準備中なのです!
食べログには日曜日9時開店ってなってるのに・・・

ここの牛筋煮込みを食べたかったんだよね。

ぐるっとほかを回ってきます~

高橋 - 浅草-居酒屋 [食べログ] 3.49



「まんげつ」「赤とんぼ」2軒とんで

「もつくし」です。

もつくし - 浅草-居酒屋 [食べログ] 3.35

いちおう、食べログの店数をのせてますが
はっきり言って、ここでは当てになりません。

うん? もつくしのHPまであった!

もつくし 立呑み



9:12

この時間ここまで、どの店も開いてません。

とん平 - 浅草-居酒屋 [食べログ] 3.44



鈴芳の角まできました。



9:13

この女将さんが元気がいいと言うか

観光地の客扱いというか・・・

「まだ開いてませんか?」

「まだだよ」



鈴芳 (すずよし) - 浅草-居酒屋 [食べログ] 3.49

それにしても点数高い。



大勝 - 浅草-居酒屋 [食べログ] 3.26



9:18

さて、ここで
開いてる店がありました!

居酒屋浩司
前からマークしてた店です。

居酒屋浩司 浅草店 - 浅草-居酒屋 [食べログ] 3.52

ところが!



やっと落ち着けると思って、外のテーブルに着こうとすると

「お一人様は中のカウンターへどぞ!」と言うのです。
外国人の従業員です。

そう思うと、他の店も従業員は外国人が多いです。

外のテーブルは空いてるじゃない!
「1杯だけですぐ出ますから」と言っても請け合いません。

わかった!じゃいいや!と蹴飛ばして出てきました。



高橋はまだか?

いや、高橋も開店時間を聞いても答えずに
高飛車だったな~と思いながら、六区をぶらぶらして



9:45

浅草六区や小路で時間をつぶしてホッピー通りに戻ると

一軒だけ、外が見えるテーブルに座れたのです。



店はここ!

そう。「もつくし」です。
店の名前を知らずに飲み食いしてました。(笑)



やっぱりホッピーでしょ?!(笑)



つまみは牛すじでしょ?!(笑)



グラスはプラスチックだ~(笑)



オープンな感じでホッピー通りを味わえます。



ホッピーセット¥550(税込)

牛すじ¥600

磯丸とか晩杯屋と比べられないけど
それでもやっぱり高いよね。



牛すじ!うまそう~

でも特別感ないけど



うまかったです!
ごちそうさま~

ホッピーセット+牛すじで¥1150(税込)
やっぱり観光地値段だね。(笑)



浅草六区、そしてホッピー通りはいかがだったでしょう。

昭和レトロ。昔懐かしいノスタルジーを味わいに
ぜひ、酔ってみてください。

さて、明日はいよいよ ”どぜう” かな?(笑)








nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感