So-net無料ブログ作成

巧匠 銀座店 = 漢字だけ見て注文するの巻 = [食べ・飲み]

 
No.3748(So-net 01+02=1460+ Diary 2288) 2014年Blog 2013年Blog

愛宕から冬紅葉ふんで銀座へ:IDEA's Gallery の続きです。

今回、10kmも歩いてこんな銀座の外れまで来ました。
銀座3丁目の14。有楽町駅から歩いたって遠いです。

なんでこんな外れまでわざわざ来たのか?


ドラマ24「孤独のグルメ Season5」:テレビ東京

「孤独のグルメSeason5 #5 【台湾の屋台料理!鶏肉飯と乾麺にスイーツ】
これを見たからなのです。



公式YouTubeでは内容は分かりませんが、これは全編見れます。
でも、いまだけですぐに削除されちゃうだろうな。

この中で五郎さんは迪化街に行って地元の人しか行かないような
お店に入って、まずは「鶏肉飯」を注文して「下水湯」を頼むんです。

漢字だけのメニューなのです!
「下水湯」ですよ!(笑)

もちろんこれは物語なのですが、いや僕ならどうすんだ!?
そう思ったのです。


台湾行ったらこれ食べよう! Amazon.co.jp

「下水湯」シァ シュイ タン

鳥の内臓スープ。透き通ったスープ。
この本に載ってます。

と言うか、この「下水湯」は台湾の屋台や夜市のどこでも食べれる
ごく当たり前のスープのようです。下水ってモツのことみたい。

とにかく
漢字3文字4文字だけのメニューを見て五郎さんのように注文したい!
そう思ったのです。

そこで食べログで「銀座エリア 台湾料理」で検索すると

上海湯包小館 銀座3丁目店 [食べログ]
ここは高雄の5つ星レストランの味を再現とか書いてあって
屋台料理じゃないので、ここは違う。

天香回味 銀座中央通り店 [食べログ]
ここは点心がメインの店みたいだから、ちょっと違う。

巧匠 銀座店 (チャオジャン) - 東銀座 [食べログ]
「屋台を感じながら、台湾料理をリーズナブルな価格で味わえます!」
ここだ!



というわけで、こんな銀座の外れまでわざわざ来たのです。

ところが!店の灯りがついてない!
階段も真っ暗。
しかし、間違いなく開店してる時間です。



暗い階段を下りると、コックさんが出てきて

「社長が遅刻してレジが開かない」
「店空けられない」
「でももうすぐ来る」
「でも食べるのは2つだけ」
「どうぞ、どうぞ」

片言の日本語で話してくれて、どうやら食べれそうだ。



店に灯りがついて、とにかく席をおろした。



食べログの通りに安くて旨そうなのだが、
コックさんがさかんに「食べるのは2つだけ」と言ってる。

このメニューは食べれないようだ。



ビールが欲しいと言うとやっと分かって出してくれた。

10km歩いてきて、やっと飲めた~
うまい!(笑)



酒もさほど高くない。

料理の値段もそこそこで悪くない。



メニューは「鶏の唐揚げ定食」と「青梗菜と豚肉の炒め物」
この2つだけなので、青梗菜を頼んだ。



美味しいけれど、普通だ。



漢字だけ見て注文することは、日本では出来ないのだろう。

今年の2月から計画を始めた台湾旅行。
貧乏旅行:IDEA's Gallery

あと84日後なのです。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0