So-net無料ブログ作成

大人の科学マガジン プラネタリウム [勉強・遊び]

  
2013年12月22日(日)月歴11月20日 2012年Blog
  
いま星空の下で寝ています!(笑)

IMG_6042.JPG
大観山のアイソン彗星(Blog)

この天空にあふれんばかりの星空を見て以来、
星空へのあこがれはずっと続いていました。

星のない東京で生まれてきた悲しさでしょうか?
もっともっと星を見てみたい!

そう思ってるとプラネタリウムに出会いました。(笑)
amazon.co.jp プラネタリウム検索

なんだ!1万円もせずにプラネタリウムが買える!
しかし、どれがいいんだ?

そしてどれもがあの大平貴之さんが監修してます。

大平貴之 - MEGASTARはラジオで知ってから
すごい人だなーとずっと思っていたのです。

だったら彼の気持ちに近いピンホールにしよう!
大人の科学マガジン ピンホール式プラネタリウム

という事で、この雑誌を買ったのです。(笑)

IMG_1956.JPGIMG_1959.JPG

さっそく作業開始。
この雑誌、以前から検索するといろいろ僕の目の前に現れて
面白いなーと知ってはいたのですが、取り寄せたのは初めて。

IMG_1963.JPG

まず雑誌部分と組み立てキットを別々にしました。

IMG_1966.JPG

部品そのものは数少ないので、難しくないと思うのですが
初めての作業は先が見えないので、とまどいます。

IMG_1967.JPG

まずはモーターとギアボックスを組み立てます。
面白いです!(笑)

ただ取説が本なので、紙ぺらの取説と違って読みづらい。
と文句いいながら作業は取説通りに進みます。

IMG_1969.JPGIMG_1971.JPG

ギアボックスが完成し、台座に取り付けて
台座の下のプリント基板を取り付けます。

このプリント基板がすごい!
2段階スイッチと、15分タイマーのコントロールをします。

IMG_1976.JPG

架台と台座を組み立てたら、いよいよ恒星球の組み立てです。
これがけっこう難しかったです。

写真はのりしろに両面テープを貼ったところです。
そしてGにはGを、FにはFを貼るのですが、途中で??状態。

最初の一、二回は貼り直しました。
そのために両面テープが余分に入っていたようです。
(これも後になって分かり、最初は貼り残してるのか?と疑心暗鬼)

IMG_1978.JPG

やっと完成? 違います。
貼ったのりしろを強化するため、上から小さいテープを貼ります。

これで完成? 違います。(笑)
なんと、のりしろを半分に切れ!と書いてある。(涙)

IMG_1980.JPGIMG_1991.JPG

言われたとおりにやって、やっと完成!
試しに豆電球を点けると…
うーん、か細い光です。こんなんで大丈夫?

IMG_6511.JPG

しかし!夕方になってあたりが暗くなってから点灯すると!
素晴らしい!
星空です!

もう興奮状態!(笑)

IMG_6512.JPG

天の川だー!

IMG_6513.JPG

でも、星がぼたっとしてます。
ピンホールなので仕方ないです。

IMG_6518.JPG

いま僕は毎晩星空の下で寝ているのです~(笑)


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

song4u

ぼくは田舎育ちなので、子供の頃、夜空はいつも満天の星空でした。
一体どれほどの数があるのかと思うぐらい、夜空いっぱいに拡がる星空でした。
今、大人になっても相変わらずの田舎暮らしなのですが、子供の頃に見た星空
とは全然違う、星の数がめっきり少ない夜空になってしまっています。
星の数が減ってしまったのでしょうか?
違いますよね、そんなことはありませんよね。
一体全体、何がどうなってしまったのかなあ・・・??
by song4u (2013-12-22 21:58) 

いであ

song4uさん、おはようございます!
そうですか?!福岡でも星が少なくなってきたのですね。
そういわれれば、箱根の山での星も以前より少ないのかも知れませんね。
どうなってしまうんだろ?
人はいずれプラネタリウムでしか星が見えなくなるのかも知れません。
これだけ車が増えて、空気を汚していれば仕方ないですね。
文明とは地球を滅ぼすようにできてるのでしょうね。
悲しいことです。


by いであ (2013-12-23 06:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0