So-net無料ブログ作成

日本の強みは選手層の厚さ [スポーツ]

  
2013年11月21日(木)月歴10月19日 2012年Blog
  
どうだ!見たか!
そんな試合だった。

国際親善試合:ベルギー 2-3 日本

イタリア戦がターニングポイント コンフェデ2013
ここでも書いたのだが、今回の欧州遠征での
オランダ、ベルギー戦は日本サッカー界において
歴史に残る試合になったんじゃないだろうか?!

テニスでも野球でもターニングポイントになる試合がある。
僕らはその試合を見たいがために、見てるようなものだ。

「2013年のコンフェデのイタリア戦と、11月の欧州遠征の
オランダ、ベルギー戦は良かった!
あれが世界のサッカー界に日本あり!と知らしめた!」と
僕らはずっと言い続けるだろう。(笑)

「2013コンフェデのイタリア戦を思い出せ!」
「走れば勝てる!」

と先のBlogでは書いたが、今度は
「ベルギー戦を思い出せ!」に変わった。(笑)

何が良かったか?
とにかく前線からよく走って守った。
だから得点につながったのだ。

そして、オランダ戦では大迫がヒーローになったが
ベルギー戦では、今度は柿谷だ!

オランダ戦の入れなくてはならないシュートを外した
その借りをきっちり返す、いやそれ以上の活躍だ。

2013112020.jpg

僕はこのゴールもさることながら

2012112022.jpg

このアシストにほれぼれする。
(誰だか分からない?(笑) いい写真がなくてYouTubeから)

2012112024.jpg

もちろん岡崎のシュートも良かったが、
それ以上に柿谷のアシストにほれぼれする。(笑)

大迫に続いて日替わりでヒーローが出てくるなんて
いつのまに日本はタレントが豊富になったのかと思うが
これは良く考えれば当然だ。

日本のサッカーは今まで個人より組織プレーで戦ったきた。

それが結果的にゴール前でもパスをしてしまうマイナスを
生んできたのだが、ここにきてやっと改善してきた。

個人によるサッカーではないので、日替わりのヒーローが
登場する土壌になってきたのではないかと思うのだ。

それもJリーグの下部組織からの育成計画のおかげか。

とにかく、ここでやっと日本のサッカーが世界に追いつき
ワールドカップで対等に戦える日がきたのだと思うのだ。

希望がわいてきた。
岡ちゃんはベスト4と言ったが、それが現実になるぞ!(笑)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0