So-net無料ブログ作成

人生は夢 [文化・宗教]

  
2011年10月1日(土)月歴9月5日 2010年日記
  
「夢中説夢」(むちゅうせつむ)、という禅の言葉がある。
道元禅師はこう述べたという。(『正法眼蔵』「夢中説夢」)

「夢にあらざれば説夢なし、説夢にあらざれば夢中なし。
 説夢にあらざれば諸仏なし、夢中にあらざれば諸仏出世し転妙法輪なし」

どういう事かというと、この夢のような世界のほかに現実はなく、そして
この夢のような現実の中に諸仏が存在し、すばらしい教えを説いている。

人生は「夢中説夢」のようなもので、その夢のような現実こそ人生であり
それ以外に生きる道を求めても、生きる道はない。という事らしい。(笑)

11100101.jpg

長々と書いたが、映画「エンディングストーリー」という今日10月1日に
公開される映画の内容を読んで、ふとそんな事を思ったのだ。

映画はこの作品の監督のお父さんの話。父親ががんに侵され、父親の最期を
迎えるまでを追ったドキュメンタリーだ。

父親は1940年生まれ。慶応大学を卒業して丸の内の化学メーカーの営業を
一筋に勤め上げ、退職しこれから悠々自適のリタイヤ生活を送ろうとする矢先
胃ガンが発見され、告知から半年後に亡くなったのだ。その話だ。
主人公は告知後に人生の「終活」を始める。それが「エンディングノート」だ。

さて、僕ももういつ死んでもいい覚悟で生きてはいるが、果たして余命半年の
告知を受けたらどうなるだろうかと考えてみたのだ。
そして、30代、40代、50代。全ての年代に余命半年の告知が受けたら、どう
自分の人生の「エンディングノート」が書けるだろうか?と考えたのだ。

もちろん僕は段取り屋で、仕切り屋なので、「エンディングノート」は書ける。
というか喜々として書くだろう。
もう会社の重い荷物を背負わなくていい。もう後は後継に全て任せるだけなのだ。
こんなに気持ちが安らぐ事はない。

まずは一ヶ月で全ての仕事の段取りをすませ、遺産相続など遺書を書き、後々が
困らないように全てを一ヶ月で片付ける。そのスピードは任せろ!(笑)

余命半年と言っても、一ヶ月はその体力はあるだろう。そして1ヶ月で片付けたら
いよいよ放浪だ!どのくらい動けるか分からないが、できるだけ回る。回るぞ!
なんと楽しいのだろう。
後を憂うことなく、生きれるほど、素晴らしい事はないではないか!

映画「エンディングノート」はもちろん見てない。たぶん劇場も行かないだろう。
でも、そんな事を考えさせてくれた映画なので、WOWOWで見てみよう。(笑)

「人生は夢」本当にそう思う。だからこそ、精一杯生きるのだ。
明日はまた座禅だ。座禅は無ではなく夢なのだと思う。「人生は夢」なのだ!

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

paula

またお邪魔します。ヘヘッ(*^^)

私はね、このように思って生きています。

「この現実は、人それぞれの持っている現実の集合体。私には私の現実があって、私の現実は目の前の現実とは全く違った現実である。」

ずっと子供の頃から思っています。
なんてワクワクすることでしょう。

私だけ?
変な事書いていたらごめんね(笑)
by paula (2011-10-01 08:19) 

いであ

pauraさん、おはようございます。

>私の現実は目の前の現実とは全く違った現実である。

正に禅の教えと同じじゃないですか?!
ぜひ、今度は座禅を試してください!(笑)

by いであ (2011-10-01 08:48) 

paula

えっ、そうなんですか?(無知ですみません)

ずっと・・ずっとそう思ってきました。
それに救われていると思います。
by paula (2011-10-01 09:28) 

いであ

後は、輪廻転生、業(カルマ)など
生まれかわりの仏教の教えにも通じます。

基本的にはやはり昔からの仏教が
pauraさんに根付いているのだと思います。

by いであ (2011-10-01 09:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0